みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

やりたいことを全部やる時間術を読んでみた!

やらなきゃいけないことやりたいことが多すぎて
我慢したり妥協したりしていませんか?
やりたいことは全部やりましょう!
その為の時間術についての本を紹介します。

ポイント・やりたいことをやるため「時間密度」を高めろ
・効率がいいのとケチは違う
・行動へのハードルをさげろ!

それではどうぞ!

著者の臼井由妃さんについて

著者の臼井由妃さんは経営者で講演家です。
1958年東京生まれで、
33歳で結婚後、
病気の旦那さんに代わり経営者となり
大赤字だった会社を立て直しました。
独自の発想と行動力、
それから試行錯誤の時間術で
会社を年商23億の優良企業へと発展させます。
「マネーの虎」という番組にも出ていた敏腕社長。

この人の凄いところが、
経営者・講演家・作家・TV出演をこなしながら、
行政書士や宅建などの
国家資格も短期取得してること。
もちろん、
地頭の良さや才能の部分もあると思いますが、
それ以上に時間術や思考の深さが
結果へとむすんだのだと思います。

そんな彼女の
「やりたいことを全部やる!時間術」が
すごく面白く参考になったので紹介します。

この本ここが面白い!

超ロジカル思考なのに人間味がある

著書の中では
「時間密度」を上がるための方法や
コミュニケーションにおける時間との付き合い方、
目標を達成し続ける予定&計画の立て方
(1週間は金曜日からはじめなさい、超面白い)
などとロジックベースで
こうしたらいいよああしたらいいよと
仕組みを改善するような内容が
書かれているんですが、
一方でその方法として人間や行動を
大切にして「結果的に」うまくいく方法も
書かれているんです。

私も多分マメなほうなので
真似したい技が結構ありました。
例えば・・・

  • 初対面の相手は「フルネーム」で呼ぶ
  • 10を知るより10人の「知ってる人」を知る
  • メールではp.s.をつけると仲良くなれる

などなど。

難しい仕組みをやるより
こういう小さい思いやりみたいなことから
行動の仕組みを変えていくのって
ハードルも下がるし、
なにより相手からも
同じアクションが返ってくると
結構嬉しかったりして
先に繋がるなぁと思ったのでした。

ケチじゃない

人やお金にケチな時間術とか、
一辺倒にお金で時間を買えって言われても
ビミョーな気持ちになりますよね。

この本では時間に関しても
お金に関してもケチにならないやり方を
丁寧に紹介してます。

無駄をなくすとか節約・削減って
かならずしも正解とは限らない。
あれもダメこれもダメというより
増やしたり1粒で2度おいしいを
つくりませんか?って
提案が載ってるのが
本当に素晴らしい!!

節約のカリスマ!コンセントを抜き、
チラシは徹底比較!水は使いまわし!
っていうより、
その手間暇を「お金がほしい」という
目的のために上手く使いませんか?
って感じ!

「ながら」非推奨

例えば・・・
「英会話ラジオを聴きながら
ストレッチをしつつスマホで時事ネタゲット」
みたいな(極端な例だけど)

一見出来ないことはないので
時間を賢く使っていそうなんですが
時間密度が低いですよね。
そもそも英会話できるようになります?
って話が書かれてます。

行動を「はじめる」障壁

メンドクサイって
やらなきゃいけないことや
やりたいことを行動に移すときの
天敵ですよね。
これって臼井さん的には
「時間を支配できない」って状態。

実際やりはじめちゃったら
意外とそうでもなかったり
(これを作業興奮というみたいです)
結局「はじめる」ことが
しんどかったりするんですよね。

そういう時間を支配するための
前段階としての行動テクニックも
載ってますよ。




やりたいことを全部やる時間術を読む!

ポイント
・やりたいことをやるため「時間密度」を高めろ
・効率がいいのとケチは違う
・行動へのハードルをさげろ!

気になった人は買ってみてね!
ブログでは仔細を書いてない方法論や
内容が読みやすく入ってきますよー!

【記事公開日】2019.06.14

コンテンツの無断転載は禁止です。