みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

マーダーミステリーゲームの情報まとめてみた!【専門店情報も!】

流行りつつある会話型の推理ゲーム「マーダーミステリー」
専門店まで出来ちゃうそうなので、
いまどんな場所でどんなシステムのものが遊べるか
情報をまとめました!

最新に更新していくので
他にもこんなんあるよとか
載せてねって内容があれば是非お知らせください!

それではどうぞ!

マーダーミステリーゲームとは?

マーダーミステリーゲームは、集まったメンバーそれぞれが物語のキャラクターとして、物語のなかで起こるトラブルの原因や犯人を捜しつつ自らの秘密のミッションを達成させる会話型の推理ゲームです。(ロールプレイング的側面もあります。)

物語の中では、貴方はもしかしたら犯人であったりトラブルの原因であるかもしれません。
また誰かと何らかの関係を持っており、それを遂行したり隠し通したり・・・。

物語をクリアするにはそういった関係性や疑惑を詳らかにして真相にたどり着く必要があります。

国内で遊べる場所

JELLYJELLYCAFE

ジェリカフェさんでは主に「王府百年」「約束の場所へ」「純白の悪意」が遊べるようです。
開催場所は全国12店舗以上あるジェリカフェで不定期開催といった感じ。

ただこちらの記事でマーダーミステリーの専門店舗をOPENするとお話しされていたので期待大!

今後、日本でブームを起こしそうな「マーダーミステリー」の専門店を8~9月くらいにオープン予定です。「マーダーミステリー」はすでに中国で爆流行りしている「ミステリー小説の登場人物になりきって犯人を当てる推理ゲーム」で、謎解きや脱出ゲーム、人狼ゲームとも似ています。役になりきってコスプレをしたり、ラスベガスでは実際のディナーショー中に殺人が起きて、空間すべてがゲームという設定もあります。「いずれ流行るな」というものをまだ日本にあまり広がっていないうちに手掛けて、仕掛け人になりたいと思っています。

なってほしい!仕掛け人!

ディアシュピール

ディアシュピさんは日本で店舗イベントという形で手をつけたボドゲショップです。遊べるシステムは「王府百年」「純白の悪意」です。多店舗展開はされていないのですが、定期開催しているので是非チェックしていってみてください!

他にも!

天岩庵

ボードゲームカフェSUBBOX

マスカレイド

特にクトゥルーライブサークルさんの「ミスカトニック大学図書館に潜むもの」は行きたかった!!!昔からやってらっしゃる団体さんです!




主流なシステム

主に遊ばれているシステムを簡単に概略まとめてみました!遊ぶ際選ぶ際に是非参考にしてみてくださいね。
大体朝起きたら死体が出てきてさとどうするって感じです。
今後はきっと色んなシナリオが日本でもあそべるようになるかと!

王府百年

人数:7人~9人
時間:3時間~
テーマ:シリアス・観光地化された王府から発見される女の死体

これは初心者にもおすすめ!謎解きのようにピースがはまっていく感じがたのしい!

純白の悪意

人数:7人or8人
時間:3時間~
テーマ:シリアス・時代は昭和、舞台は病院、家族が見舞いにくるとそこには息を引き取った死体

テキスト量が多いので注意!推理を交錯させていく感じがGOOD

約束の場所へ

人数:6人
時間:2時間~
テーマ:学生もの・楽しい旅行のはずが朝起きたら発見される友人の死体

まだ未プレイなんだけど人数が少ないから集めやすいみたい!

主流な遊び方

マーダーミステリーには大きく分けて3つの遊び方があるようです。
いまではまだ○○型や□□形式なんて聞くことはあまりありませんが、今後はリアル脱出ゲームのように下記のような形式で遊び方が伝わることもあるかもしれません。

基本的に大まかな流れはあまり変わらないのですがストーリーによっては異なります。

キャラクター配役・オープニング・シナリオ確認

導入・自己紹介

事件捜査開始・議論・密談など

推理披露・投票・数値比べ合いなど

エンディング

オープン形式

発言は比較的自由で、キャラクターシートで設定や自身の時系列などを把握しながらプレーする形式。

こちらは比較的自由な反面、クリティカルな行動や矛盾する発言などでゲームを崩壊させてしまう可能性がある。自分の知っている情報をどれだけ公開するかなどが各人の裁量に任せられている。傾向として犯人以外にも陣営めいたものがあって関係性が入り組んでいたり、密談をして個々の立ち位置をこっそり話したりするタイプが多く、事前に犯人は犯人であることを知らされている。

クローズ形式

発言は決められたタイミングでかつ事前にセリフなどを割り当てられていることが多く、キャラクターシートには事細やかに設定が書かれているタイプの形式。

質問のタイミングや対象などが予め決められていて流れがほぼ固定されている。自由度は少ないが、最初から破綻するなどはまずない。傾向としてシーンや幕毎に新たに情報が加わったり書き換えられていくものが多く、犯人は後から知ったり最後で知る事が多い。イベントがシーン毎起きるイメージ。

オープンクローズ形式・オリジナル形式

最初はオープン式で途中からクローズ式を採用したり、あるいは全く違うタイプで進行していくもの。音声通話などを通して行われるものや手紙などを使ってやり取りするものなど多岐に渡る。




余談:十二人の死にたい子どもたち

堤幸彦監督の「12人の死にたい子どもたち」という映画は皆さんご覧になりましたか?
マーダーミステリーゲームをとてもイメージしやすい映画です。
何ならマーダーミステリーゲームを参考に作ったんじゃないかという感じです。
登場人物の関係性でしたり進行がマーダーミステリー的です。
あとはエンドロールに流れるアレとか。まだ見てない方は是非。

十二人の死にたい子どもたち

あらすじ廃病院に集まった12人の子供たち、彼らの目的は安楽死をすること。しかし、彼らが集まった地下の一室では、いるはずのない13人めの少年が先に眠りについていた。 自分たちの中に13人めを殺した犯人がいる可能性があり、このまま安楽死を実行すれば自分たち全員が犯人扱いされる恐れがある。このまま計画を実行すべきか、13人めの正体を解明すべきか。彼らはこの集いのルールである「全員一致」にのっとり、多数決をとりながら議論を進めていく。

ゲームマスターやります!

王府と純白ならゲームマスターできるのでお知らせください!TwitterのリプライでもDMでも構いません!イベントが立ってない日でもジェリカフェでならGM請け負います!是非!

コンテンツの無断転載は禁止です。