みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

舞台は墜落する飛行機!懸糸傀儡脱出劇(マリオネット・エスケープ)に行ってみた!

よだかのレコードとからくりサーカスのコラボ脱出ゲーム
「懸糸傀儡脱出劇マリオネット・エスケープ」に行ってきました!!
かなりやることが多く、時間との戦いといった感じの公演でした!

POINT・物量がすごい!
とにかくやることが多いので、時間のロスが命取りになります!
・整理整頓が大事
謎が多い分アイテムも多いので、こまめに整理するのが吉!

それではどうぞ!

イベント情報

公演情報

開催日程
2019年4月13日(土)START

土日 11:30/15:00/18:30
※詳しい情報は公式サイト参照

開催都市
東京
なぞともカフェ渋谷店 シアター765

料金
前売:3,300円
当日:3,800円

チケット購入はこちら

ストーリー

北海道に向かう飛行機が、自動人形(オートマータ)に襲われた。
機内は瞬く間に、自動人形に支配されてしまう。
そこに居合わせたのは「才賀勝(さいがまさる)」と名乗る少年と、
銀髪銀眼の美少女「しろがね」。
2人と協力して、墜落する飛行機から脱出しろ!

システム

5人1チームとなり、
60分以内に墜落する飛行機から生きて脱出を目指します!!

参加者は飛行機の乗客となり、
1チーム5名で協力して墜落する飛行機からの脱出を目指します。

※5人ぴったりで参加しなかった場合は、
知らない人とチームを組むこともあるので注意!

探索の要素は一切ないタイプの公演です。
全部が机の上で完結するので、歩き回る必要はありません。




からくりサーカスとは?

藤田和日郎先生の漫画で、週刊少年サンデーで1997年から2006年まで連載されていました。

莫大な遺産を相続して
親族から狙われた少年・才賀 勝(さいが まさる)を
守るために戦う拳法家の青年・加藤 鳴海(かとう なるみ)と
人形遣いの女性・しろがねの数奇な運命を描く。

鳴海との別れをきっかけに物語は2つに別れ、
勝としろがねは潰れかけのサーカスに身を置き、
鳴海は人類に仇なすからくり人形との闘いに巻き込まれる。

そして、全く異なる2つの物語は交錯しながら一つに収束していく。

引用:Wikipedia

といったストーリーです。

原作では鳴海たちが飛行機で中国に向かうときに
自動人形の襲撃を受けていたシーンがありましたが、
その時に勝たちは飛行機にいなかったはずなので、
おそらく今回のストーリーはオリジナルのようですね。

行ってみた感想!

参加前に知っておいたほうがいいこと

  • 物量が多いので心の準備を!
  • よだかのレコードの公演は比較的物量が多めなのですが、
    今回も例に漏れずかなりの物量があります!

    いざスタートした時に圧倒されないように、
    あらかじめ心の準備をしておくといいかも知れません。

  • 整理整頓担当を決めておく
  • 上記の通りやることが多いため、
    その分問題用紙やアイテムがたくさん出てきます。
    以前使った問題を見直したりすることもあるので、
    整理整頓担当の人を決めておくとスムーズに謎解きができます!

    難易度

    割と難しい

    とにかくやることが多いので、
    時間をロスするとかなりクリアが難しくなります…

    ただ、焦りすぎると見落としなどが発生するため、
    落ち着いて、でも素早く謎を解いていくのがポイント!

    雑感

    わりと王道な謎解きといった感じでしたが、
    今回もやっぱり物量が多い!!

    ある謎でしばらく躓いてしまい、
    時間のロスが結構あったのがかなり痛かったです…

    ちなみに、今回の公演はあまりからくりサーカス独自の用語などが
    出てこなかったため、からくりサーカスを知らなくても
    問題なく楽しめるような内容でした!

    (もちろん知っていたほうがより世界観には浸れます!)

    会場のなぞともカフェには他の謎解きルームもたくさんあるので、
    ハシゴをすれば謎解き三昧の一日が楽しめますよ!
    謎好きカップルのデートにもおすすめです!多分!!

コンテンツの無断転載は禁止です。