みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

今月発売のおススメ漫画3選【2019年5月】

今月発売の新刊漫画3選を紹介します!
今回はナンバー1大好き漫画も紹介!
是非他のも読んで見てくださいー!

それではどうぞ!

チェンソーマン 2巻

ストーリー「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジとチェンソーの悪魔ポチタは悪魔を駆除するデビルハンターを主な仕事としながらなんとか生計を立てている。ある日、悪魔に操られたヤクザがデンジらを集団で襲い掛かる。デンジらは為す術なく殺されてしまう。デンジの遺体からしたたる血液を偶然体内に取り込んだポチタは蘇生し、デンジの身体を修復するため合体する。ポチタはデンジの心臓となり、復活したデンジはチェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れ、ヤクザの集団を一掃する。撃退に成功したデンジであったが、現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマによってその身を管理されることになり、公安の一員として迎え入れられる。

話が面白い、予想しづらい
ファイアパンチの藤本タツキの新作です。
ファイアパンチもそうでしたが、
画力がすごいのとストーリーが先読み出来ないのが
すごく面白いのですごいすごいです。

主人公のデンジのバカっぽさというか
男の子っぽさが丁度いいなと思っていて、
特に思考することなく読めます。
疲れないけど面白い漫画って、
ストーリーや絵がよくないと読めないなと
個人的には思っているのでイチオシです。

まだ2巻しか出てないから買って!

呪術廻戦 5巻

ストーリー常人離れした身体能力を持つ主人公虎杖悠仁。祖父を亡くし手続きのため病院にいた虎杖の前に、黒ずくめの少年・伏黒恵が現れる。彼は虎杖が以前拾った特級呪物「両面宿儺の指」を探していた。極めて危険なものである呪物が故に封印させていたのだが、伏黒の努力もむなしく封印は解かれてしまう。「呪いは呪いでしか祓えない」という伏黒の言葉を聞いた虎杖は、状況を打開するために猛毒である宿儺の指を自ら呑み込んだ。幸か不幸か虎杖は両面宿儺の「器」となる素質を持っていた。呪物を取り込んだことで呪術師の討伐対象となってしまった虎杖に、最強の呪術師にして呪術高専1年の担任・五条悟は二つの死に方を提示する。

異能力物です。
こっちは筋の通った賢い系主人公。
画力が最初おぼつかないかもと思ってたけど
全然そんなことなくて、
バトル物なのに読みやすい!

あ、そんなに賢くもないかも。
機転が利くタイプです。
東京観光にきて横浜中華街行きたい
みたいなこと言ってたし。
まだ始まったばかりで
主人公の能力とか色んなことが
明るみになっていないので楽しみ!

メイドインアビス 8巻

ストーリー人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。リコは孤児院で暮らす探窟家見習い。探窟家とはアビスに潜り、超常の「遺物」を回収する者たちのこと。アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。ある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには人間の少年そっくりのロボットが倒れていた。リコはロボットにレグという名前を付け、共に過ごすようになる。レグが孤児院に入って2ヶ月が経つ頃、リコの母親であるライザの白笛と封書が地上に上がってくる。封書には、誰も見たことがない深層の生物の情報と「奈落の底で待つ」と書かれた紙が同封されており、その中にはレグに似たロボットのような絵も描かれていた。ライザの封書を読んだ2人は、アビスの深層を目指すこととなる。リコは母親に会うために、レグは自分が何者なのか知るために…


とにかく可愛い・・・。

絵も素晴らしいし、ストーリーもよき・・・。
ナンバー1大好きマンガかもしれない勢い。
そもそも鬱展開が好きなんですよね。
映画もそうなんですが、鬱好きなんです。
話に深みがあるじゃないですか、
感情揺さぶられるじゃないですか。
普段怒ったり悲しんだりあんまりしないので
こういうので疑似体験というか
予防接種的に触れていくというか。

あと褐色ショタが好きです・・・。

【記事公開日】2019.05.17
【最終更新日】2019.05.16

コンテンツの無断転載は禁止です。