みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

【寄稿】伏線見破りパーティーで「鏡の世界から出てきた人」になってきた【奇行?】

友人が伏線見破りパーティで
「鏡の世界から出てきた人」で最優秀賞伏線賞を取ってきて
その並々ならぬ努力に狂気を感じたのでご紹介します。

全力で楽しんでいる感が凄いのと、
何人か友人たちが足を運んでいたので
行けばよかったなとちょっぴり後悔。

この鏡の世界から出てきた友人を
私たちは普段サイコパスと呼んでいるのですが、
今後はもうちょっと呼称を改める所存です。

彼の努力をここで供養します。

それではどうぞ!

伏線見破りパーティーに。


平成と令和のまたがるGWの2日目、
4月28日に伏線見破りパーティーに行ってきた。

このパーティーは
参加者全員が自分で考案した架空の設定を用意し、
お互いにそれを当て合うというものだ。

そこに私は
「鏡の世界から出てきた人」
として参加したのだ。

「顔を隠し、座り込んで一言も話さない人」
「ソーシャルグッドが合言葉の爽やかな詐欺師」
「途中で死ぬ人々」
など様々な参加者による混沌としたパーティーだった。

初対面でジップロックに入ったビーフジャーキーを
他人に勧められたり、
亡くなった姉からの手紙を見せられたりと、
日常では味わえないような新鮮な体験の連続だった。

詳しくは主催の堀元さんのブログ
「こっちは遊びでやってんだよ」
をご覧頂ければと思う。
こっちは遊びでやってんだよ

やべー奴しかおらん、でも面白そう。

設定=鏡の世界から出てきた人

これが私のこの日の架空の設定=伏線である。

あまり捻りが無いとも思ったが、
予備知識が無くても正解でき、
小道具だけで表現しやすい点で中々良いと思った。
(そう考えるのは私だけでは無いようで、当日もう一人いた…)

設定詳細元々鏡の世界にいた
昨夜、寝て起きたらいつの間にか、この世界にいた
この日の持ち物は全て鏡の世界のモノ
補足:周囲に合わせる為、文字は頑張って普通に書いている
(左右反転して書くのは無理だったのでそういうことにした)

伏線を気づかせる「3つ」の手掛かり

簡単に気付かれても、
他の参加者の興を削いでしまう。
そこでほどほどに気付けるように、
以下の3つの手掛かりを用意した。

  1. 左右反転した改造腕時計

  2. ダイソーで買った500円の腕時計を分解し、
    文字盤をオリジナルのものに貼り替えて制作した。

    文字盤はアラビア数字(1、6など)では簡単過ぎると思い
    ローマ数字(Ⅰ、Ⅵなど)にしてしてみた。

    よく見ると反転しているのがわかると思う。
    ローマ数字で気付いて欲しかった為、
    メーカー名は左右反転で
    分かりにくいアルファベットを採用した。

    MIVOは・・・
    Mめっちゃ Iいいぞ Vヴァーチャル Oおばあちゃんの略

    特に意味はない。

    作り方まずはベルトを外し裏面のフタをマイナスドライバーでこじ開け、分解。次に文字盤のサイズを測り、Illustratorでデータを作り、セブンイレブンの写真プリントで光沢紙に印刷する。文字盤を両面テープで貼り付ける。針を逆回転させる技術は無かった為、針も裏から両面テープで貼って固定した。あとは分解と逆の手順で組み立てて完成だ。
    参考:https://rocketnews24.com/2016/12/24/840575/

    これがメインアイテムなのでとにかくアピールした。
    まずイベントのはじめの自己紹介で
    「腕時計が止まってしまって困った。」と誘導し、
    個別に話す際にもじっくり腕時計を見せていた。

    MIVOは意味不明だけど、すごい

  3. 左右反転したバーコード

  4. 伏線見破りパーティーで他の参加者の伏線を見破る為、
    メモ帳の持ち込みが推奨されていた。
    そこで文字がないメモ帳に
    左右反転させたバーコードを印刷し貼り付けた。
    バーの下の数字が左右反転しているので違和感に気が付くはずだ。

    光沢紙よりも、違和感の無かった普通紙を採用。
    こちらはセブンイレブンの普通紙プリントを使用。

    念の為、バーコードの仕様を調べてサイズも本物に合わせた。
    http://www.barcode-net.com/chisiki/provisions-jan-itf.html

    パーティーの間も
    他の参加者にも見やすいように持ってアピールしていた。

    写真で見ると気づきそうだけど、意外と見ないかも・・・

  5. 左手で握手
  6. 握手は一般的に右手でするもの。
    それを左手ですることで左右の違和感を与える作戦だったが…。

    この伏線見破りパーティー、自分の伏線をアピールしつつ、
    他の参加者の話を聞いてメモを取りつつ、
    推理するといったマルチタスクが求められるものだった。

    さらには部屋の反対側で突然死が起きたりと、
    私のメモリ使用率は高まる一方で、完全に忘れていた。

    不発である。

    えっ・・・エッ?

設定の矛盾を排除

以下の対策をすることで、
鏡の世界から出てきた人と矛盾する情報を排除した。

左右がない服

これが当日の私の服装だ。
服の構造には一定のルールがあり、
これによって左右が異なる場合がある。
今回の服装ではそれらを全て排除した。

まず注意すべきはパンツの股の縫い目、
俗に社会の窓と呼ばれる部分だ。
これは自分から見て右側が開いている構造になっており、
調べた限り逆のものを見つけることができなかった。

仕方がないので、
縫い目が中央にあるランニング用のハーフパンツを購入した。
合わせてランニング用タイツを購入した。
ランニングの予定はないのに。

ジャケットやYシャツのボタンの位置は男性が自分から見て右側で、
女性は自分から見て左側だ。
私は男性なので、自然に見せるには女性用のシャツを着れば良いのだが、
今回はハーフパンツに合わせてTシャツを着ていくことにした。

文字を徹底的に排除


まずはTシャツのタグを排除。
次に靴底にあったサイズと原産国の表記を
カッターとヤスリで削りとった。
そしてランニング用タイツのせいで
靴下はアンクルソックスしか履けない。

しかし当日になって
履いていく予定だったアンクルソックスに
文字を発見した為、
素足で行った。


そして見逃していけないのがペットボトルだ。
当日の飲み物として持ち込もうとしたが、
これがなかなかの曲者だった。
まずはフタ上部の印刷が無いものを選んだ。

しかし側面には
賞味期限らしき印字があったのでヤスリで削りとった。
ここまでは店頭で確認済み、想定の範囲内だ。
しかしラベルをはがしたところ
PETのリサイクルマークの刻印が出現し唖然とした。
仕方なくヤスリで削るも、
どうしても跡が消えない。
仕方なく上から名前のシールを貼ってごまかした。
ここまで手をかけたが、
ペットボトルは当日玄関に忘れてきた。

そもそもこんな細部にこだわる必要はあったのだろうか?
神は細部に宿るのだ。きっと必要があったに違いない。




雑感とまとめ

普段からかけている白メガネを伏線と勘違いされる、
素足でスニーカーを履いたせいで
靴擦れ発生という誤算はあったものの、
結果として1名の参加者に当てて貰え、
答え合わせタイムでの解説も納得して貰えたようで安心した。

そしてありがたいことに最優秀伏線の賞を頂けた。
後日、友人に自慢しようとしたが
あまりに前提が複雑な為、伝わらないと思い断念した。
記事を読んで貰えれば伝わると思い、
この寄稿に至った次第である。

今回、
私は「伏線見破りパーティー」という
他人に違和感を与えて良いという大義名分の元で
「鏡の世界から出てきた人」になった。
しかしそんな大義名分なんて必要無いのではないか?
特に理由も無く伏線を張り、
周囲の人に非日常感を与える…
そんな人が増えたら世の中もっと楽しくなる。
私はそう思う。
これを読んで共感して頂けた方々、良かったら試してみて欲しい。

自己責任で。

コンテンツの無断転載は禁止です。