みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

相手の手札を読め!ハゲタカのえじきを遊んでみた!

hols_der_geier_item
  • 原題Hol's der Geier
  • 作者アレックス・ランドルフ
  • プレイ人数2〜6人
  • プレイ時間15分
  • 対象年齢8歳以上
  • 発売時期1988年
  • 参考価格1,500円

ハゲタカのえじきを遊んでみました!
みんなが同じ手札のセットを持っている状態で毎回1枚めくられる点数カードを取り合うという、他の人の心理を読み合うことが大切なゲームです!

それではどうぞ!

ハゲタカのえじきってどんなゲーム?

ハゲタカのえじきは、毎回場に出てくる点数カードを全員で奪い合って、最終的に点数が高い人が勝ちというゲームだよ!

確か手札の数字カードを出し合うんだっけ?
それなら大きい数字を出せば勝てるわけじゃないの?

…と思うでしょ?
でもそう簡単にはいかないようにできてるんだ!他の人が出しそうな数字を予測するのが大事なゲームだよ!

ハゲタカのえじきのおすすめポイント

  • 他の人とかぶるとアウト!?ジレンマが楽しい!
  • 思わぬカードでポイントゲット!ほどよい運要素で盛り上がる!
  • 人数が多いほど白熱!心理戦が楽しい!

ゲームの大まかな流れ

1.点数カードをめくる

全員が1〜15の15枚の数字カードを1セット持っている状態でゲームスタートです。
15枚の点数カードを裏向きの状態でよく切ったあと、上から1枚をめくります。
めくられたカードの数字が、今回奪い合う点数になります。

ポイント点数カードには-5点~10点までの点数が書かれており、ちょうど手札を15試合で全部使い切る形になっています。
どの点数の時にどのカードを使うかの判断がカギ!

2.手札から数字カードを1枚選び、全員同時に公開する

手札の数字カードから今回使うものを1枚選び、裏向きで自分の前に置きます。
全員が使うカードを決めたら、せーので同時に表向きにし、勝負をします。

勝者の決定方法

基本的には、その時に1番大きな数字カードを出した人が勝者となります。
ですが、もし最大数字のカードが複数枚同時に出ていた場合はその数字が無効となってしまい、次に高い数字カードを出した人が勝者となります。
※つまり「単独で出ている一番高い数字」の人が勝者ということです!
勝者は点数カードを受け取り、自分の前に表向きにして置きます。

↑最大の数字は8ですが、複数枚出ているので無効になります。
なのでこの場合は6のカードを出した人の勝利!

また、めくられた点数カードがマイナスだった場合は逆に一番低い数字のカードを出した人が敗者となり、点数カードを受け取ります。
(このときも一番低い数字カードが複数枚出ていた場合は無効になり、次に低い数字のカードを「単独で」出していた人が敗者になります。)

珍しいことですが、単独で数字カードが出ていなかった場合(15が2枚、12が2枚や、全員が13を出した場合など)はその回の勝負は無効になり、点数カードは次の勝負に持ち越します。
(次の勝負の勝者が2枚分の点数カードを受け取る形になります。)

3.1と2を繰り返す

その後、新しい点数カードをめくり、同じように勝負して…というのを繰り返します。
この時、一度使った数字カードはもう使えないので注意してください。

終了条件

15枚の点数カードを全てめくり、15回目の勝負が終わったらゲームは終了です。

勝利条件

獲得した点数カードの枚数が一番多かった人が勝利!

まとめ

勝ちたければ単純に高い数字カードを使えばOK!っていうわけにはいかないのがもどかしいね…!

同じことを考えてる人がいるとカードの出し損になる可能性があるからね…!
高い数字のカードを使うタイミングをいつにするか、を考えるのが悩ましいけど楽しいよ!

【記事公開日】2019.03.22
【最終更新日】2019.03.20

コンテンツの無断転載は禁止です。