みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

GoogleHome活用術!時報の設定の仕方

GoogleHome使いこなせてますか?
天気予報確認とか曲を流すだけの
ちょっと便利なスピーカーくらいに
なっちゃってませんか?
今回は時報の設定の仕方を
やってみましょう!

実際私はそうなっちゃってるので
活用すべく
調べたこと学んだことを
まとめていきます!

それではどうぞ!

時報を設定するメリット

音で分かるのは結構便利。
意外と時計を「見ていた」ことに気が付く。
時間を意識することで
やらなきゃいけないこととか
タスクがスムーズに進みます。

時報設定の仕方

  • まずHomeアプリを立上げ、ルーティンを押す。
  • うちのHomeはキーパさんって名前なんです。

  • 「ルーティンの管理」を押す
  • うちは3時間刻みで設定しています!

  • 「+」マークを押す
  • この「新しいルーティン」の項目を
    上から設定していきます。

  • 「コマンドの追加」を押す
  • 適当な名前をつけます。
    13時の時報、とか。

  • 「時間と曜日の設定」を押す
  • お知らせしたい時間を設定。
    時間と曜日、スピーカーを選択します。
    あとはスマホに通知すると面倒なので
    チェックを外しておきます。

  • 「操作を追加」を押す
  • 今何時?と入力すると時報してくれます。
    戻ってチェックマークを押して
    保存を忘れずに!
    ちなみにアシスタントコマンドを追加して
    天気予報もして明日の洗濯物予定を
    立てたりするのも可!

  • この手順を設定したい分増やす
  • 多少手間ですが、
    設定したい時間分増やしてください。

以上が時報設定のやり方です!
今後GoogleHomeでテレビやエアコンを管理したり
色んなハックを載せていきますので、
これを機にGoogleHomeを便利に活用しちゃいましょう!

【記事公開日】2019.05.23

コンテンツの無断転載は禁止です。