みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

さくっと簡単大盛り上がり!ドブルで遊んでみた!

  • 原題dobble
  • 作者デニス・ブランショ
  • プレイ人数2人~8人
  • プレイ時間15分
  • 対象年齢6歳以上
  • 発売時期2009年
  • 参考価格1,800円

ドブルを遊んでみました!
様々なイラストが描かれた丸いカード、実はそれぞれのカードは他のどのカードと比べても必ず1つだけ同じイラストが描かれているんです!
ドブルは、このカードを使って5種類のゲームが遊べます。
子ども向けのゲームですが、大人同士で遊んでも盛り上がります!

それではどうぞ!

ドブルってどんなゲーム?

ドブルは、この丸いカードを使って5種類のゲームが遊べるんだ!

それぞれのゲームのルールはとっても簡単だから、初めてボードゲームを遊ぶ人でも馴染みやすいよ!

1つのゲームが10分ぐらいで終わるし、少人数から大人数まで遊べるから、いつでもどこでも遊べるね!

ドブルのおすすめポイント

  • ルールがとっても簡単だから、子どもやボードゲームを遊んだことがない人にもおすすめ!
  • 必要なのは一瞬の判断力!みんなでわいわい盛り上がれる!
  • これ1つで5種類ものゲームが遊べてオトク!

各ゲームの説明

ゲームの概要

2枚のカードに共通するイラストを他のプレイヤーより先に見つけて宣言し、カードをゲットしたり、逆に捨てたり、相手に押し付けたりするゲームです。
各ゲームはすべてのプレイヤーが同時に参加するので、素早い判断力がカギとなります。

1.タワーリングインフェルノ

カードをよく切り、全てのプレイヤーに1枚ずつ裏向きのまま配ります。配られたカードは手元に置いておきます。
残ったカードは山札として表向きにした状態でテーブルの中央に置いておきます。

せーので自分のカードを表向きにしゲームスタート!

早い者勝ちで山札と自分のカードの間で一致するイラストを探し、その名前を宣言します。
その後、そのカードを自分の新しい持ち札として自分の手元のカードに重ねます。

山札が無くなるまでゲームを行い、獲得したカードの枚数が一番多いプレイヤーが勝者です。

2.井戸掘り

カードをよく切り、全てのプレイヤーに同じ枚数ずつ裏向きの状態で配りきります。配られたカードは自分の山札として手元に置きます。
その後、余ったカードをテーブルの中央に1枚だけ表向きにした状態でテーブルに置いておきます。

せーので自分の山札の一番上のカードを表向きにしゲームスタート!

早い者勝ちで中央のカードと自分の山札の一番上のカードの間で一致するイラストを探し出して宣言し、自分の山札の一番上のカードを中央のカードに重ねます。
これを繰り返していき、最初に自分の山札のカードをなくしたプレイヤーが勝者です。

3.アツアツポテト

※このゲームは複数ラウンドを行う形式のゲームです。

カードをよく切り、全てのプレイヤーに同じ枚数ずつ裏向きの状態で配りきります。配られたカードは自分の山札として片手に持ちます。

せーので自分の山札の一番上のカードを表向きにしラウンドスタート!

プレイヤーは自分の手持ちのカードと他のいずれかのプレイヤーのカードで共通するイラストを探し出します。
先に見つけたプレヤーはイラストの名前を宣言し、そのカードの持ち主にカードを押し付けます。
カードを押し付けられたプレイヤーは、そのカードを新たな手元のカードとしてラウンドを続行します。

※もし見つけたプレイヤーの手元に複数枚のカードがあった場合は、そのすべてのカードを相手の手元に置きます。

こうして他の全てのカードを渡されたプレイヤーが敗北となり、受け取ったカードをマイナス点として手元にまとめておきます。
その後、山札のカードがなくなるまで同じようにラウンドを繰り返していき、最終的にマイナス点のカードが一番少なかったプレイヤーが勝者です。

4.全部集めよう!

※このゲームは複数ラウンドを行う形式のゲームです。

カードをよく切り、全てのプレイヤーに1枚ずつ裏向きの状態で配ります。配られたカードは手元に置いておきます。
その後、残ったカードの中から1枚を表向きの状態でテーブルの中央に置きます。

せーので自分の手元にあるカードを表向きにしラウンドスタート!

表向きにしたカードと中央に置かれたカードで共通するイラストを探します。
共通するイラストを見つけたらその名前を宣言し、中央に置かれたカードではない方のカードを獲得します。獲得したカードは手元にまとめて置いておきます。

ポイントこのゲームでは、配られたカードが自分のカードというわけではありません。
カルタのように誰かの前にあるカードも獲得することができます。

中央にあるカード意外の表向きのカードがなくなったら、ラウンド終了です。
中央にあるカードを一度山札に戻し、切り直してからまた同じようにラウンドを繰り返します。

配るカードがなくなったらゲームは終了し、獲得したカードが一番多いプレイヤーが勝者です。

5.毒された贈り物

カードをよく切り、全てのプレイヤーに1枚ずつ裏向きの状態で配ります。配られたカードは手元に置いておきます。
残ったカードは表向きの山札にして、テーブルの中央に置きます。

せーので自分の手元にあるカードを表向きにしゲームスタート!
プレイヤーは、山札の一番上の表向きのカードと自分以外のプレイヤーのカードで共通するイラストを探します。
共通するイラストを見つけたらその名前を宣言し、そのプレイヤーのカードの上に山札のカードを重ねます。

※見つけられたプレイヤーの前に重ねられたカードがあり、山札の上に新しくカードが現れた状態でゲームを続けます。

これを繰り返していき、山札のカードがすべてなくなったらゲームは終了です。
自分の前に置かれたカードが最も少ない人が勝者です。




まとめ

一つで5種類もゲームが遊べるなんてオトクだねー!

どのゲームも一瞬の判断力が大切なんだけど、5つのゲームそれぞれによってやることはちょっとずつ違うから、全部通して遊ぶとゲームごとに得意不得意が出てきて面白いかも?

ドブルの購入はこちらから

【記事公開日】2019.03.30
【最終更新日】2019.03.29

コンテンツの無断転載は禁止です。