みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

短い言葉でお題を伝えろ!「デンポー!!」を紹介してみた!

デンポー3Dデータ_完成版
  • 原題デンポー!!
  • 作者すみす (パブリッシャー:角刈書店)
  • プレイ人数4~8人
  • プレイ時間30分
  • 対象年齢8歳以上
  • 発売時期2019年(ゲームマーケット2019春出品)
  • 参考価格2,700円(ゲームマーケット2019春特価2500円)

今回紹介するデンポー!!というボードゲームは
どれだけ短い言葉でお題を伝えられるかという
直観的で分かりやすいゲームです!
読み上げるイントネーションなんかで味わいも変わるので
ちょっとした笑いが起きてアイスブレイク等にもおすすめです!

それではどうぞ!

デンポー!!ってどんなゲーム?

デンポー!!はお題の言葉をめっちゃ短くして伝えるってゲームだよ!

これ好き!直観的に短い言葉を作ればいいんだよね?

ウホ

質問の答えになってないけど、答えはゴリラ。

デンポー!!のおすすめポイント

  • 短い言葉で優先的に答えろ!
  • ・・・でも後手のほうが情報が多い分当てやすいかも!
  • ルールが分かりやすいので初めての人とも遊びやすい!
  • 4-8人で色んなシーンで遊べちゃう!

ルールがわっかりやすい漫画があるぞ!

ゲームの大まかな流れ

親プレイヤーを決めお題を決める。

親の右隣にいる人が出題者となりお題を決めます。
親に見えないように
プレイヤー全員にお題を共有してください。

解答用紙にお題にあわせた言葉を書く。

解答用紙に言葉を書いてお題を伝えます。

書く時の注意点・カタカナのみしかかけません。
スペースは1文字として数えます。
・お題を含む言葉、その直訳・その略語はかけません。

お題を書き終えたら
好きな優先チップを獲得してください。

解答発表

書いた文字数の少ないプレイヤーから発表です。
同じ文字数の場合は
優先チップの数字の小さい人から発表です。
親は解答を読み上げてください。

親以外のプレイヤーが解答を読むことはできません。
イントネーションもヒントになってしまうからです。

お題を伝えるゲームなので、
自分の前の手番で
お題が親に伝わってしまうとその時点でラウンド終了です。
親と正解となった解答を書いた人の2人に
同じ得点が入ります。
得点は文字数と順番によって変わります。

終了条件

親が一巡するまでプレーしたら終了です。

勝利条件

ゲーム終了時点で最も得点が高い人が勝ちです。

まとめ

文字数は少なくしたい、でも少なすぎると当たらない。言い回しも気をつけなきゃ・・・、意外と奥が深いね?!

確かに!人によってワードや雰囲気も違うから、全くわからねぇってときもあれば、2文字ですんなりってこともあるよ!

デンポー!!の購入はこちら

ゲームマーケット2019春で販売!
その後は全国のショップやamazonで展開予定だそうです。
角刈書店:デンポー!!
デンポー!!は元々2016年に販売され今では絶版。
角刈書店さんがリメイクして発売するんだって!
元々はシュピールエンボリオさんで作っていたそうです!

※作者のすみすさんはシュピールエンボリオの方です!

こちらも併せてどうぞ! にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

コンテンツの無断転載は禁止です。