みんなのみたいを
みたしたい。

みんなのみたいを
みたしたい。

【行き逃した方必見】世界のボードゲーム展に行ってみた!

渋谷ヒカリエにて「すごろくや」さん主催の
「新しい大人の嗜み 世界のボードゲーム展」へ行ってきました!
4/21までの開催だったので見逃した方は必見です!

ボードゲームって何?という人はもちろん、
ボードゲームをすでに知っている人にも新たな発見がある展示会でした!

写真公開OKでしたので、写真多めでレポートします!

それではどうぞ!!

世界のボードゲーム展とは?

新しい大人の嗜み 世界のボードゲーム展

子どものものと思われがちなボードゲームは、日本で知られていないだけで、実は知的層向けの趣味です。大人の鑑賞に耐えうる美麗なアートワークや、比較的高い知性を要するもの、テーマとゲームシステムの強い相互作用を持ったものなど、幅広い魅力を持っています。本企画は、展示を通してボードゲームの魅力を知り、人生をより豊かにすることを目指したものです。もし興味を持たれたら、東京 高円寺駅と神保町駅のどちらもすぐそばのすごろくやまでどうぞ。海外製を中心とした近代のボードゲーム・カードゲームを、見て・さわって買える専門販売店です。

引用元:8/02/CUBE/新しい大人の嗜み 世界のボードゲーム展

簡単にまとめると、ボードゲームショップ「すごろくや」さんが企画した、
展示を通してボードゲームの魅力を知ってもらうことが目的の展示会です!

実際の展示の様子

会場は渋谷にあるヒカリエの8階にあるイベントスペース!

「子供と一緒に」「大人でじっくり」など、
ボードゲームのジャンルによって展示エリアが分けられていました。

また、展示されているボードゲームの中には、
その場で購入もできるものもありました。

実際の展示の様子です!
展示パネルにはゲームの簡単な説明文やプレイ人数、時間などがまとめられており、
その下には実際のゲームがケースに入って展示されていました。

ボードゲームの展示の他にも、ドイツのゲーム大賞についてのコラムや、
主催のすごろくやさんについての情報もありました。

ボードゲームができるまで

色々気になる展示はありましたが、その中でも特に興味深かったのが
ドイツのボードゲームができるまで、の流れを説明したパネル!

「ファイアドラゴン」というボードゲームを例に挙げ、
1つのボードゲームが世に送り出されるまでの経緯が詳しく説明されていました!

ゲームデザイナー、イラストレーターを始めとして、購買部や編集部など、
本当にたくさんの人が関わって1つのゲームを作り上げていることが分かります。

ボードゲーム制作の舞台裏を垣間見れる貴重な展示でした!

感想

普段からボードゲームは遊んでいたんですが、
ボードゲームがどうやってできているのかは知らなかったので、
今回の企画展で色々知ることができました!

4日間限定なんて勿体無い!
ぜひまたどこかで開催されたらいいなぁ…

【記事公開日】2019.04.22
【最終更新日】2019.06.04

コンテンツの無断転載は禁止です。